1001

いち、ぜろ、ぜろ、いち

うわ、前と比べて小説の文が素早く出てこなくなってるな、と思った。実際書くとそれを直感的に把握する。明らかにおととしとか五年前とかに比べて出てこなくなってきてる。速度も質ももともといまいちだったのにそれに輪をかけていまいちになってる感。戻ればいいんだけど、これがブランク故の一時の「なまり」とかではなく、継続的で永続的な「箍の緩み」だとしたら、いよいよ手に負えない、こわーい感じに・・・ぐぐぐ___。

「未知の恐怖」が去って、代わりに「現実的なややこしさ」がステージに上って手を振ってきた

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中