後悔する道を歩きたくないのであった。消極的な論理ではあるが、それは「立派にやりたい」という志というよりも、過去を悔いる己の未来の姿が恐ろしくてたまらないということが強固な要因として挙げられる。そう。こうかいが、こうわい。・・・。

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中