かつての心の残滓というか、未練というか、そういうものが、ふと、沸き上がってきて、私の視界を遮ろうとします。「もう終わったんだよ」と私が言っても、一向に受け入れてくれません。私は、しかたがないので、「こういう形はどうだろう」と提案してみるのですが、「それは本来の私とは違う」と断られて、「以前のような力がなくなっているんじゃないか」とも言われて、実はそれは、私自身も感じていたことだったりするのです。

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中