・きっと私は、無闇に恐怖していて、恐怖することそのものは全く問題ないけども、その無闇な部分はとても厄介で、言わば余計な恐怖だから、取り除かなければならないのだろう、と思いました。

・文章は、後で書き直せるので、私とそれを読むあなたの間に一種のタイムラグが存在する。その間隙こそが、ある意味ではそこだけが、きっと私の居場所なのです。

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中