:

立ち込める暗雲の下、荒涼そのものの大地が彼方まで続く。どこかから地獄を飛ぶ怪鳥の声の如き異様な音が響き、風は酷く荒れて、ふと暗い色の砂埃が舞い上がり渦を巻く。その世界の中で、ひとり、まつろわぬ姿で、立ち尽くしている。

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中