「リトル・キャンドルライト・ヒッチハイク・ガイド」

――なんだろうか。ふと、ノイズ混じりの奇妙な声が、軽快なトーンを唸らせながら、あなたの耳に聞こえてくる。

『このサイト、ゲームがちょい多すぎ? 自分がどれから遊べばいいのか判らない?

 そんなアナタに贈る、「リトル・キャンドルライト・ヒッチハイク・ガイド」。今宵もいよいよスタートだ!』

――ラジオ番組だろうか。塗り潰したような暗闇の中で、男のはすっぱな声は矢継ぎ早に続く。

『Don’t worry. 自分じゃムリだと思った時にゃ、「戻る」押すのも、タブのバッテンをポチッと押すのも、言うまでもなくオーケーさ。

 この闇夜はいい夜だ。アナタにとっても、いい夜のはずだ。ヘンテコなウェブサイトに構っちゃいられねぇ……そうかもな?』

――わかったから、早く本題に移ってくれ、とあなたは思う。

『おおっと、前置きが長すぎて眠くなってきたって? 悪いな。じゃっ、ササッと紹介していくぜ! ガイド・スタートだ!』


・とりあえず、代表作を:「インダストリアル・レボリューション,スタンド・バイ・ミー」。制作者の骨野郎mjdokuroことムノニアJも、「ここの代表作のつもり」と言っている。

・ササッとショートで完結するノベルを:「第二校舎は冷えるから嫌」「あつはなつい」。現代舞台の自称ヘンテコ系ノベル、だそうだ。

・のんびり遊べるゲームを:「部屋の中で釣りをする」。最初期の公開作で、ダウンロード数的にはナンバーワンらしい。

・ココの人の趣味丸出しのを!:「惑星開発姉弟のハロウィーン」「キスメイト:ジェラシイ;スタラグル」。「惑星開発姉弟」については、「個人的お気に入り度はとても高いのですが、万人にオススメできるかというと…」とか骨野郎が言ってるぜ。

・短編RPGとかないの?:「ジェントルマンズ・オーディール」がある。「超マニアック」なる素敵なレビューを頂いたぜ。very thanks!

・長編RPGやSRPGが遊びたいな!:……そいつは悪いが、他をあたってくれ。ココにはそういうゲームはからっきしなんだ。

……おっと、骨野郎ことムノニアJからのメッセージが届いてやがる。読むぜ。

「どのゲームも、私こと「ムノニアJ」なる個人が作っているので、一つのゲームを遊んでピンとくるものを感じましたら、他のゲームも試しに遊んでみる…くらいの塩梅だと、あなたも私も嬉しいんじゃないかなあ、と思っています」

だ、そうだ。――


――深い、深い暗闇の沈黙を破って、ノイズ混じりの声が妙に大きく聞こえる。

『とりあえず、今のトコロのガイドはこんなモンだ! 次に聞く時は内容も変わってるかもしれないな!

 光陰矢の如し、ってか? そろそろお別れの時間だ! じゃあな、リスナーの皆、これまで聞いてくれてありがとうよ! good bye!!』

――ふっ、とラジオ番組と思われる声は途切れた。

静寂が闇の中に、ひしひしと満ちていく。

あなたは、暗闇の中で息を潜めている。

息を潜めて、待っている。

小さな灯火が、いつかそこにあらわれる予感を胸にいだいて。

広告

コメント

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中